iPhoneのWi-Fi設定を簡単にするなら

iPhoneを使っていて、気になるのが「通信量」のことですよね。

ドコモ・au・ソフトバンクの三大キャリア全て、1ヶ月に7GB通信すると速度制限がかかります。

7GBと聞くとすごそうですが、Youtubeやニコニコ動画を見ているだけで、あっさりと到達してしまう通信量なのです。

一回速度制限に入ってしまえば、月が変わるまではずっと遅いまま。

iPhoneで普通にインターネットを見ることすら、ままならないので辛いところです。

「せめて家の中だけでも通信量を減らしたい!!」という方にオススメなのが「Wi-Fi」!!

Wi-Fi

この記事では、Wi-Fiとは何なのか、そしてWi-Fiを家で使うために必要なもの、オススメの商品をご紹介します。

まず、Wi-Fiとは何かと言いますと、無線でのネットワーク「無線LAN」の規格の一つです。

電機屋さんで売られている「無線LANルーター」はこのWi-Fiの規格に対応していて、Wi-Fiが使える機器なら何でも無線通信することが出来ます。

もちろん、iPhoneを含むスマートフォンは、ほぼ全てWi-Fiに対応しています。

Wi-Fiで速度制限を避けるのは、「携帯会社の電波で無く、家に引かれた光回線・ADSLなどを利用する」ことで行われる、というわけですね。

家でWi-Fiルーターを使うには、まず「家に光回線やADSLがひかれている」ことと、無線LANルーターが必要です。

無線LANルーターは、NTTなどが月に数百円でレンタルしていますが、長く使うことを考えるなら電機屋で買った方がお得。

Amazonなどでも、3000円台でかなり性能の良い無線LANルーターが売られていたりしますよ!!

無線LANルーターの設置も非常に簡単です。

家で光回線などを使える環境なら、「モデム」が備え付けられているはずです。

モデムのLANポート(LANケーブルを挿す穴)が開いていれば、そこに無線LANルーターとを繋げるLANケーブルを挿すだけ。

スポンサーリンク

あとは、無線LANルーターのACアダプターをコンセントに挿して、起動すれば設置完了です。

これをするだけで、少なくとも家の中では「7GB制限」に気を配ること無く、iPhoneでインターネットし放題の環境になります。

とは言え、どの無線LANルーターを選べばいいか分からない~!!!

なんて人へ、オススメの無線LANルーターを紹介しましょう。

WN-G300R3

その名も
「I-O DATA 11n/b/g対応 無線LAN親機(Wi-Fiルーター) 300Mbps(WN-G300R3)」

非常に高速(300Mbps!!)にWi-Fiを満喫できる無線LANルーターですが、一番のウリは「値段」と「設定の簡単さ」です。

参考価格の段階で、3,888円と4000円切りしているのに、Amazonでは更に値引きされて、2,946円(送料込)。

これは安い!!

また、「モデムに挿すだけ」な無線LANルーターの接続方法はそのままに、iPhoneなどでWi-Fi設定がしやすいよう、ある工夫をしています。

それが、「QRコネクト」という機能。

この無線LANルーターには、「撮るだけでWi-Fiを設定できるQRコード」の紙が箱の中に入っております。

そのQRコードを、App Storeから専用アプリのQRコネクトをインストールして、iPhoneを使いQRコネクトでQRコードを読み取るのです。

たったそれだけで、パスワードなどの認証を行い、Wi-Fiに繋げることが出来るのです!!

もちろん、工場出荷時の段階で、きちんとパスワードの設定も行われているので、赤の他人に勝手にWi-Fiを使われる心配もありません。

データ通信量の7GB制限に悩む人なら、まずオススメしたいのが「Wi-Fi」機能を持つ無線LANルーター達。

特に、手軽に設置できて、iPhoneの設定も簡単にできちゃう「WN-G300R3」はオススメですので、是非とも使ってみましょう。

スポンサーリンク

『 iPhoneのWi-Fi設定を簡単にするなら 』に関連するかも

サブコンテンツ

このページの先頭へ