iPhoneをWi-Fiに簡単接続できる2つの設定方法紹介

自宅に無線LANルーターを設置してWi-Fiを使いたいけど、iPhoneをWi-Fiに繋げる設定って難しそう……。そんなことを、考えている方はいませんか?

確かに昔の無線LANルーターは、SSIDを見つけだしパスワードを入れて、と入力が面倒でしたが、現在は違います。

各無線LANルーターメーカーが切磋琢磨した結果

「ルーターのボタンを押す」「QRコードを読み込む」などの方法で、

簡単に接続できるようになっています。

ここでは、Aterm・Buffalo(AirStationなど)・IODATA製ルーターの、簡単接続方法をお教えします。

ちなみに、auでもdocomoでもsoftbankでも、iPhoneでのWi-Fiの設定方法は全く変わらないので、どのキャリアの方も参考にしてください。

Buffalo(バッファロー)の無線LANルーターならAOSSが楽ちん

Buffaloの無線LANルーターの場合は、「AOSS」(2もあるよ!)という機能が用意されています。

iphone wifi 接続 設定

AOSSは、iPhoneのスマートフォンはもちろんのこと、3DSなどのゲーム機でもWi-Fi設定が簡単にできる優れもの。

使い方は、まず無線LANルーターにある「AOSSボタン」を押します。

iPhoneのWi-Fi機能をオンにして、近くにあるWi-Fi電波を見ると、「AOSS」から始まるアクセスポイントが見つかるはず。

あとはそれをタップして、画面内の設定に従うだけで、簡単にWi-Fiに接続することが出来ますよ!

スポンサーリンク

atermやIOデータのルーターを使う場合はQRコードを撮影して接続出来る

QRコネクト

AOSSはBuffaloの製品だけの機能ですので、他社メーカーの無線LANルーターでは使うことが出来ません。

その代わり、ルーターに「設定用のQRコード」が書かれている紙があり、これを専用アプリで読み込むことで、接続設定が行えます。

atermの場合は「AtermらくらくQRスタート」、I・ODATAの場合は「QRコネクト」というアプリを、まずAppStoreからダウンロード。

アプリを起動したら、ルーターに付属している紙のQRコードを読み込み、あとは画面の指示に従うだけ。

それだけで、楽に無線LANルーターに繋げ、Wi-Fiが使えるようになりますよ!

また、Buffalo製のルータでAOSSがなぜか上手くいかない場合も、QRコードでの接続が行えます。

Buffaloの場合は、「QRsetup」という設定用アプリが用意されていますので、こちらをダウンロードしてQRコードを写しましょう。

あとは、例によって画面の指示に従って操作していくだけです。

メーカーの切磋琢磨により、今ではiPhoneも手軽にWi-Fiに接続できるようになっています。

無線LANルーターは、工場出荷時からきちんとパスワードを設定されているので、セキュリティー的にも安心。

データ通信量の削減にも繋がりますので、興味のある方は是非Wi-Fi環境を作って、便利なiPhone・スマートフォンライフを送りましょう。

スポンサーリンク

『 iPhoneをWi-Fiに簡単接続できる2つの設定方法紹介 』に関連するかも

サブコンテンツ

このページの先頭へ