iPhoneの電話帳、連絡先が入力できない時の対処法

誰にでも分かりやすく、難しいことを意識せずに使えるのが、iPhoneのいいところ。
……なのですが、時にはキテレツな問題が発生することがあります。

そのうちの1つが、「連絡先の入力ができない」という状態です。

具体的な症状としては、「連絡先の入力画面が出ても、キーボードが起動しない」というもの。

電話帳に登録するというシチュエーション自体、結構急いでやらないといけない場合が多いので、かなりテンパってしまいますよね。

キーボード でてこない

そういう事態に陥った際の対処法を、ここでは書いていきます。

一言で言ってしまうと、この問題の原因は「iPhoneの電源を長時間入れすぎたから」です。

パソコンもそうですが、あまりに長く電源を付けていると、コンピュータは混乱して変な挙動を行い始めます。

スポンサーリンク

充電を挟みながら使っていると、気付いたら数ヶ月間iPhoneを付けっぱなし、ということもあるのではないでしょうか。

これを解消するには、以下の順序で操作を行い、「iPhoneの再起動」を行いましょう。

1.iPhoneのスリープボタンを長押し
2.画面上に「スライドで電源オフ」と表示。そこをスライドする(iPhoneの電源オフ)
3.iPhoneが終了したのを確認したら、スリープボタンを長押しして、iPhoneの電源を入れる。

これで、iPhoneの再起動は完了です。

あとは連絡先の編集画面に行き、キーボードが出てくるか確認をしましょう。

iPhone自体の動作もスッキリしますので、定期的に再起動してみると、ストレスがたまることなく使えることでしょう。

iPhoneの動作が重く感じたり、変な問題が出た場合は、まずはiPhoneの再起動をするのがオススメ。

今までの問題が、まるでウソだったかのように解決することがほとんどです。

ちなみに、再起動で上手くいかなかった場合。

「iPhone自体に問題が発生している」「iOSに不具合がある」という、2パターンの原因が考えられます。

その時は、まず「同じ症状で悩んでいる方がいないか」「解決方法が無いか」をインターネットで情報収集。

その後に、サイトに載っていた解決方法を試してみるなり、iTunesでiPhoneの復元を試みるなりしてみるのがオススメですよ!

スポンサーリンク

『 iPhoneの電話帳、連絡先が入力できない時の対処法 』に関連するかも

サブコンテンツ

このページの先頭へ