iPhoneアプリ開発をwindowsで作成する方法

iPhoneアプリを開発する際に気になるのは、

Windowsでも開発できるのか」ということですよね。

よく言われるのが、「iPhoneアプリを作る際にはMacが必要だ」。

……なのですが、実は抜け道が存在するのです。

この記事では、なぜ「iPhoneアプリを作る際にはMacが必要だ」と言われるのか。

そして、WindowsでiPhoneアプリを開発する方法について解説します。

第一にMacがiPhoneアプリ開発に必要な理由は、

実機テスト」と「AppStore申請」がMacでしか出来ないからです。

iPhoneで動くコードを書くこと自体は、Windowsでも出来ます。

しかし、iPhoneの実機でテストが出来なければ、

コードが正しいかどうかさえも分かりません。

ましてや、作ったアプリをAppStoreで配信することは不可能です。

WindowsでiPhoneアプリを開発する2つの手段

それでも、WindowsでiPhoneアプリの開発をしたい!!

という方には、2つの選択肢があります。

後者の方法はどうしてもリスクがつきまといますので、

真っ当に開発を行いたいのであれば、素直にMacを買うのがオススメです。

ただ、ブラウザアプリならWindowsでもいいものが作れますので、

HTML5などの勉強をしてみるといいかもしれません。

ブラウザアプリの開発ならwindowsでも可能

1つは「ネイティブアプリではなく、

HTML5やJavascriptを使って、ブラウザで動くアプリを作る」こと。

例えば、「Monaca」というWebサービスでは、

スポンサーリンク

インターネット上でハイブリッドなアプリを作ることができます。

ブロック崩しやメモ帳など様々なサンプルも用意されているため、

HTML5やCSS・Javascriptを学んでいれば、簡単に開発ができます。

Monacaの利点は、「Monacaデバッガ」というアプリを

iPhoneにインストールして、Macのパソコン無しで実機テストも行える点。

Windowsでも、ブラウザで動くアプリを比較的楽に作ることが出来ます。

これが奥の手!?エミュレーターを使ってwindowsでMacを使う

もう一つの方法は、「Windows上でMacを動かす」ということ。

要するに、VirtualBoxなどのエミュレータを使って

Macを動かし、それ経由で開発を行うという方法です。

これならば、実機テスト・AppStore申請ともに出来ます。ただ、

そもそもアップルの機種以外でMacを動かすこと自体がライセンス違反

という最大の問題がありますので、オススメできません。

Imac
↑ ↑ ↑ ↑
コレ一番新しいiMacですが、私が購入したのは中古で30,000円しなかったです。

Pentium IIですが快適でした。

ただ、Yosemiteにアップグレードしたらものすごく重くなり

翌日には『OS X 10.6 Snow Leopard』に戻しましたけどねwww

スポンサーリンク

『 iPhoneアプリ開発をwindowsで作成する方法 』に関連するかも

サブコンテンツ

このページの先頭へ