iPhoneアプリ開発に必要な言語はなに??

はい、今回はiPhone4あたりがリリースされたあたりから、

開発者が急増していたiPhoneアプリ開発に関することを書いてみます。

実は私も、iPhoneアプリのビッグウェーブに乗るべくMacを購入し実践していたんです。

まぁプログラム経験がない私ができるのはせいぜい

キュレーションアプリと呼ばれる、何かのテーマに沿った辞書アプリが精いっぱい…

ネットで調べて、実際に完成させました。

ただ、審査を抜けられず結局お倉入りしましたけどねwww

私が軽く挫折してからもう3年??くらい立ちますが、

今開発言語に新しいのかな?

私が開発している時には無かった言語があるので

それをちょっと書いてみます。

もう使っていない人はわずかでは??と思うくらいスマホが普及しましたね。

iPhoneをはじめとしたスマートフォンを

利用するに当たってはアプリを活用すると、

さまざまな作業を効率的に行うことができます。

大概の人は、Appstoreなんかでアプリをダウンロードして

使うと思いますが、私のように開発してみたい!!

とかこんなアプリあったら便利なのに…なんて

思い立って、自分でアプリを開発する人もいるでしょう。

アプリはプログラムなので特殊な言語を理解しなければ

当然、iPhoneアプリを開発できません。

私がかじった感じでは、C言語を触ったことがある人は

理解が早く開発がスムーズにいくと思います。

Web関連でプログラミングの作業を経験したことがある人の場合も、

比較的短期間で必要な知識を身につけることができます。

Xcode
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
私がMacで使っていた『Xcode』と呼ばれるアプリ作成の為のソフトウェア

スポンサーリンク

iOS以外にもMacに関連するアプリケーションが作れたはず。

ダウンロードは無料でしたが、申請するために年間料金が発生します。

当時 Swift(スイフト) が存在していればもしかして…

iPhoneアプリを作成するのに役立つ言語が開発されています。

これは昔は無かったはず…
(単に私が知らなかっただけかも知れないけど)

Swift(スイフト)という名称ですが、一般的なプログラミング言語を

勉強するのとは異なり、初心者でも比較的勉強しやすい

ものとして知られています。

iPhoneアプリを開発にとって必要不可欠な言語なので、

最初に確実にマスターすることが大切です。

中途半端な知識で作業を開始しても、

私のようになかなか思うように作業を進めることができません。

iPhoneアプリの開発を経験したことのある人の多くは、

iOSを利用してきています。

しかし、Swiftという言語が登場したことで、

iPhoneアプリ開発がより容易になりました。

間違いなく私がやっていた頃よりは、

敷居が低くなっているのでご興味のある方は勉強してはいかが??

↓こちらのサイトではただいま無料体験レッスン受付中ですよ↓

コードキャンプはこんな方にお勧めです
iPhoneアプリを自分で開発してみたいプログラミング初心者の方
勤め先でiPhoneアプリ開発の企画に携わっている方
将来的にiPhoneアプリで起業してみたい方

入学金無料キャンペーン中!! CodeCamp[iPhoneアプリ開発コース]

スポンサーリンク

『 iPhoneアプリ開発に必要な言語はなに?? 』に関連するかも

サブコンテンツ

このページの先頭へ