iPhoneアプリを開発すると収入はどれくらい??

私自身はiPhoneアプリを開発したことはあるものの、

開発&リリースによる収入を受けたことはありません…

基本的にiPhoneアプリで収入を得るための手段として、

開発したアプリに『広告』を表示させ

そのクリックor表示回数によって得られる『広告収入』

アプリ内コンテンツでユーザーから頂戴する『課金』があります。

実際私もスマホゲームで度重なる課金を繰り返し、

請求額をみて驚いた経験もありますwww

従来型の携帯電話とは異なりスマートフォンでは、

さまざまなアプリを活用して作業を行うことができます。

アプリは、スマートフォンでの作業を効率的に

進めることができる画期的なツールです。

これまでは既存のアプリを利用するのが

普通だったのですが、次第に状況が変わってきています。

iPhoneアプリ開発が人気の理由

前回あたりにも話をしていますが、簡単な開発言語が登場したことで

自分でアプリを開発することに対する敷居が低く

なっており参入者が増加しています。

その中でも人気が高いのは『iPhoneアプリ』

iPhoneアプリが人気な理由は、

iPhoneユーザーとアンドロイドユーザーのお金の使い方。

同じアプリをアンドロイド、iPhoneでリリースしても

アンドロイド側では課金率が低く

iPhoneユーザーはしっかりとしたものには課金をいとわない傾向があるんです。

だから、同じダウンロード数であればiPhoneアプリの方が良い!!

というわけで人気です。

スポンサーリンク

まぁ正直私がiPhoneアプリ開発に取り掛かった時期のことなので、現在は定かでありません。

ただ、今やスマホ=iPhone は言いすぎかもしれませんが、

見渡せばiPhoneだらけですwww

それだけユーザーが増加すれば、いろんな要望が集まるのも当然。

よって、もっとiPhoneを快適に使うために有益なアプリがもとめられているのです。

iPhoneアプリはある程度の知識を身につけていないと、

スムーズに開発することができません。

特別な言語をマスターすることが基本です。

iPhoneアプリの開発に役立つ言語が作られているので、

最初に基礎的な知識を習得する必要があります。

慣れてくると収入を得ることもできるのが、iPhoneアプリ開発の特徴です。

初心者の場合はあまり大きな収入にはつながらないのですが、

本格的なiPhoneアプリを開発すると大きな収入を目指すことができます。

収入増を狙って、iPhoneアプリ開発を進める人も多いです。

iPhoneアプリ 実際の広告収入単価

今はたぶん広告表示による単価が違うので、わかりませんが私が携わっていたころは

iPhoneアプリが1回ダウンロードされる ⇒ $0.01 と言われていました。

実際には ユーザーがアプリを使用する回数 = 広告表示回数 となるので、

使いたくなるアプリだともっと広告収入が増える結果となっていました。

a1180_006984

スポンサーリンク

『 iPhoneアプリを開発すると収入はどれくらい?? 』に関連するかも

サブコンテンツ

このページの先頭へ