iPhoneアプリの開発環境はどんな感じ??

ウィンドウズでもiPhoneアプリが作成できるとは、

いつだかの記事で解説していますがやっぱりしっかりとiPhoneアプリを

開発するならやっぱりAppleのPCは用意すべきでしょうね。

iPhoneアプリを開発するということは、リリースし誰かに使ってもらう

わけですから当然ちゃんと動作するかも確認せねばなりませんし、

あらゆるデバイスでチェックした方が良いのは言うまでもありませんよね。

iPhoneアプリ開発の最低開発環境

最低限の開発環境としては

『MacOSが入っているPC(MacBook,iMac etc…)』

『iPhone等のiosが動いているデバイス』

この2つは絶対かなと。

欲を言えば『iPadair』『iPadmini』『iPhone4,5,6』

想定されるデバイスが全部欲しいですね

macデバイス

スポンサーリンク

PCは古くてもXcodeさえ動作すれば特に支障はないですが、

私の持っているmac同様動作が遅いかもしれない。という不安要素があります。

余談 実際にアプリ開発クリエイターの不思議

私の知人でグラフィックデザイナーがいるんですが、生粋のmacユーザー。

クリエイターというのは不思議なもので、まだ使えるのに

新しいハイスペックなマシンがでると即買いします。(一部かも知れませんが…)

理由は、PCが遅いとそれを解決するために時間を使い、

アイディアが吹っ飛んでしまうらしいですwww

そして開発や制作していない時でも突然の神が舞い降りた時の為に、

常時アイディアを書きとめる、記録するデバイスを持って歩いてます。

iPhoneアプリを例にすれば、everNoteやドロップボックスは

どのデバイスにもインストールされてました。

iPhoneアプリやデザインなどを手掛ける本職の方たちにとっては、

開発環境が土台にあり環境が整っていればいくらでも最高のものを作れるらしいです。

※個人的には「儲かっていない」という知人。

環境に金かけすぎなだけじゃ…なんて思ってたりもしますwww

スポンサーリンク

『 iPhoneアプリの開発環境はどんな感じ?? 』に関連するかも

サブコンテンツ

このページの先頭へ